女性を悩ませる円形脱毛症

髪に悩む女性

脱毛症には男女を問わずさまざまなタイプがありますが、女性にもあらわれるもののひとつに、円形脱毛症とよばれるものがあります。
これは読んで字のごとく、髪の毛の一部が、ちょうど10円玉から500円玉ほどの円形、または楕円形に、きれいに抜け落ちてしまうというものです。
髪の毛にできるものは外からも比較的よく目立ちますが、まゆ毛などの体の別の部分の毛にもできることがあるほか、頭全体の髪の毛が抜け落ちてしまうなど、円形にとどまらない場合もあります。

このタイプの脱毛は突然にあらわれるもので、悩みごとやストレスを抱えた人がなるといわれていますが、実際にはストレスが原因とばかりはいいきれません。
遺伝的になりやすい体質の問題や、自己免疫といって、本来は病原性細菌やウイルスなどの外部からの敵の侵入に対して反応すべき免疫が、あやまって本人自身を攻撃しはじめるというような、別の原因があることも考えられます。
円形脱毛症の多くは一過性で、放っておいても自然に治癒するものですが、なかには繰り返しこの脱毛の症状があらわれてしまうといった場合がありますので、そのときは皮膚科の専門医に診てもらったほうがよいでしょう。

治療の方法として、ステロイドの投与は有効で、錠剤の内服、外用薬の患部への塗布、注射などがあります。
また、ツヅラフジから抽出されたアルカロイドを主成分とする抗アレルギー作用のある内服薬の服用といった方法もあります。
さらに、光線療法として、ある種の紫外線を照射するということも行われています。
いずれも市販薬を買って家庭で気軽に治療するのとは違って、かなり専門的なものですので、医師の指示にしたがって、正しい治療に努めることがたいせつとなります。