産後に注意、分娩後脱毛症

鏡を見て髪を心配する女性

女性が脱毛する原因として挙げられるのが分娩後脱毛症です。
これは女性特有の脱毛症ですが、出産をした後から脱毛が始まってしまう事があります。

この脱毛症の原因は女性ホルモンのバランスの乱れてとされています。
妊娠をしている時は女性ホルモンが活発に活動していますが、出産をすると反動で女性ホルモンの働きが一気に落ちてしまうのです。
女性ホルモンには毛髪の成長を促進したり、脱毛を予防する働きがありますが、女性ホルモンの働きが落ちてしまう事で抜け毛が多くなって薄毛になってしまいます。

かなり目立つ薄毛になってしまう事もありますし、女性からすれば薄毛になるのは辛いものですが、ただ分娩後脱毛症は自然に回復すると言われています。
大体6ヶ月~1年程度で回復していきますので、一時的な我慢と思ってそれほど深刻に考える必要はありません。

ただ脱毛の状態は人によって違っています。
問題なく自然に回復する方もいれば、その一方でなかなか回復しないという方もいます。
さらには薄毛になっている事だったり、抜け毛が止まらない事がストレスになり、時には円形脱毛症に発展してしまう事もあるのです。
そして円形脱毛症になってしまった時には専門的な治療を受けないと回復できない事もあります。

このように自然に治る可能性がある脱毛症ではあるものの、まれに治らない事もありますので、なかなか状態が良くならない時には早めに病院に相談へ行く事が大切です。
また、産後は専用の育毛剤を利用するのも良いかもしれません。
分娩後の脱毛を予防するなど、脱毛症に悩める方向けの育毛剤もあります。
女性ホルモンのバランスを整えてくれる働きがあるようですので、こういった育毛剤を取り入れて対策を行うのもおすすめです。