脱毛症の改善に役立つ自毛植毛とフラクショナルレーザー

鏡を見ている女性

脱毛症にも多くの種類がありますが、すでにかなり進行しているという場合は医薬品だけでは改善が難しい場合もあります。
そして脱毛症の治療は日々進化しており、最近は自毛植毛を得意としているクリニックも増えています。
自毛植毛はその名前の通り、自分の髪の一部を利用する方法です。
人工毛はすぐにボリュームが得られるものの、一度抜けたら生えてきませんし、本物の髪ではないということもあり、拒絶反応が起きてしまうこともあります。
その点、自毛植毛は自らの組織を利用するので、拒絶反応が起こる心配も少なく、定着した髪はずっと伸び続けてくれます。
男性型脱毛症のほかにも女性の薄毛にも効果的な治療です。

自毛植毛で利用する髪は後頭部や側頭部の強い髪となっており、その採取方法もメスを使って皮膚ごと切り取る方法もあれば、今はメスを使わずに採取するクリニックも増えており、この場合はダウンタイムが少ない、傷が目立たないというメリットがあります。
美容外科や美容皮膚科では様々な治療が行われていますが、レーザー治療はニキビやニキビ跡の改善、さらにムダ毛処理、しみの除去など幅広く対応することができます。

レーザーにも多くの種類がありますが、フラクショナルもよく利用されているレーザー治療です。
フラクショナルCO2レーザーの名前でも知られており、ニキビやニキビ跡、毛穴の治療、くすみやシワの改善など幅広く利用されています。
レーザーを点状に照射することができ皮膚に小さな穴を開け、熱エネルギーを与える方法で従来のレーザー治療に比べて痛みやダウンタイムが抑えられています。
そしてフラクショナルは育毛治療にも利用いくされています。育毛カクテルを頭皮に注入する治療も注目されていますが、そのときにフラクショナルレーザーを合わせて利用する治療も行われています。

最近の投稿
鏡を見ている女性

脱毛症の改善に役立つ自毛植毛とフラクショナルレーザー

2019年07月19日